おしえて アリエル先生 !!

[ 01回 : ラジオといえばタイトルコール ]


はい、本格的に始まりました『おしえて アリエル先生 !!』
本日もアタシ、dischord主人公のアンリと、
キャラ変更に関してはまだまだ検討中!
NE主人公のアルシェスの2人でお送りします!
いやぁー始まりましたね、アルシェスさん!
そうですねーっアンリさん!
明らか花酉のゲーム制作からの逃避な気もしなくはないですが、
何はともあれ記念すべき第1回!
前回は前振り長すぎたのでサクッと入っていきましょー!
本日のテーマは【アーク】!ぶっちゃけ魔法みたいな?
オレもアンリさんもこの手の話題には疎いですからねー・・・
早速、先生をお呼びしましょ・・・って、
ん?なに??
いや・・・え、この掛け声言うんですか?
ん?なに??
いや・・・え、この掛け声言うんですか?
あ、台本?
そうそう、やっぱこういうのはお決まりの文句とかあったほーがいいかなーって。
・・・もしかしなくても、アンリさん提案ですか。
ばっちり! え、なに、なんか文句ある?
ありません!!ありませんから拳構えるのやめてくださいっ!
普通に怖いです!!
怖い言わない!!
乙女に向かって超失礼!
普通、乙女は拳で脅したりしな――あ、何でもないです。
・・・なんかアルシェスくん、前回のキャラ崩壊回復してないよ?
そんな子じゃなかったのに・・・!!
いや、テイン村の一件からオレも思うところありまして・・・
アンリさん見習って逞しくなろうかと。
ちょっと待って。誰が逞しいかっ!!
え、褒め言葉ですよ!!?
どこがじゃー!!
だって・・・・・・・・・ほらアンリさん、また前振り長くなってます!
改めて、先生をお呼びしましょう!!
こら、まだ話は・・・――
はい、せーのっ!!
『おしえてー』
『アーリエルせんせー!』
・・・・・・。
あっれー聞こえなかったのカナ?
エー君もういっか――
言わんでいいっ!!
というかアンリ!!
この『はーい♪(サ○エさん風に)』っていう台詞もオマエの仕業だろ・・・!!
うっわ、いきなり台本無視とか空気読んでない・・・!!
ロウくんより読んでないよアリエルせんせー!
うん、とりあえずロウさんと俺に謝れ。
だが断る。
(この女・・・!)
(サザ○さんって・・・?)
・・・というか今更なんですけど・・・この台本ってアンリさんが書いてるんですか?
ううん、違うよ?
貰ってきた台本の一部を改訂して印刷し直してまた纏めといただけ。
(無駄に手間を・・・)
だから背表紙破れててホッチキスで留めてあるんですね・・・。
台本取りに行くのをコイツに任せた俺が馬鹿だった・・・
いや、盛り上がるかなって?
だいじょーぶだいじょーぶ、時間たんなくて此処ぐらいしか直してないから。
はぁ・・・・・・もういい・・・アルシェス、進めてくれ。
・・・はい。えーでは気を取り直して、
今回のテーマは先ほども言いましたけど【アーク】・・・つまり魔法について!
では早速・・・アリエルさん、アークとは??解説お願いします!
そうだな・・・、ではまずアークの概説からだが、
まず人体の持つ精神エネルギーであるイーテルを媒介に空気中に存在する
自然エネルギーであるプラーナを分解・再構築することで使用できるようになる技術であり、
使用できるアークの種類は人体が本来持ったイーテルの性質に伴った――
はいストップ、超ストップ。
ん? なんだ?
まず意味が分からない、そして長い。
噛み砕いて1個1個わかりやすく!!
というか初等教育で習ってる筈なんだが・・・。
そんな過去のことは忘れましたー! 単語説明から要求する!!
自慢気に言うことかっ!!
まぁまぁ、アリエルさん・・・とりあえず、もう少しゆっくりお願いします。
まずイーテルの説明から・・・
・・・・・・イーテルっていうのは、簡単に言えば【魔力】とか【精神力】を指す。
旧アーリア語・・・まぁ古い言葉で【光を伝えるもの】って意味だったと思うが・・・。
まぁ由来とかはいいよな?
うん興味ない。
アンリさん、興味ないって言っちゃダメです、企画的に。
・・・このイーテルってのは人間なら誰でも持ってるわけだが、
アークって言うのは、これを媒介に【プラーナ】を分解、再構築することで発動する。
・・・プラーナのご説明をどうぞ。
これも簡単に言えば【自然エネルギー】だな。
ちなみに意味は【息吹】だが・・・このプラーナってのは大別すると
【火・水・風・地・光・闇】の6属性に分かれていて、まぁ、この大陸のそこら中にあるわけだ。
ふんふん・・・
で、このプラーナって物質を一度性質分解して、
再度、形を作り出すことで発動するのがアークというわけだ。
うん、意味不明。
分解と再構築ってなに?どうすんの??
詳しく説明すると一日じゃとても終わらないんだが・・・
アークを使うと、こう・・・空気中に陣みたいなのが出るのは知ってるか?
あ、知ってます。
こう、手の先とか足下にバー!!って出るやつですよね。
そうそれ。あれがまぁ術式って言うか・・・構築式なわけで、
イーテルを使って構築したあの陣に則ってプラーナを変化させるわけ。
そうすると、こうボンっと。
・・・分かったような分からないような。
まぁ難しい理論は抜きにしたら、
プラーナとイーテルっていう物質を使って現象を起こすのがアークってわけだ。
火の属性のプラーナを変化させれば炎を灯せるし、
水属性のプラーナなら氷だって作れる。
あの、さっきイーテルは誰でも持ってるって言ってましたけど・・・
それってつまり、オレとかでも使おうと思えばアーク使えるってことですか?
あぁ、然るべき理論を学ぶことさえできれば、誰でも使用可能だな。
もちろん向き不向き・・・というか、使用するプラーナの属性との相性もあるだろうが。
相性??
相性というか・・・まぁ得意不得意っていったほうがいい。
例えば、オレなんかは風のプラーナは比較的使いやすい部類に入るが、
土のプラーナや火のプラーナは苦手なんだ。
別に不得意な属性のプラーナだって使えないってわけじゃないが・・・
起こせる現象の程度は格段と低くなる。
道具も何も使わない状態なら、俺じゃマッチくらいの火しか出せないし。
この属性に対する相性やらは人それぞれ・・・
一説では遺伝的なものだとも言われてるし、それなりの結果も出ているらしいが・・・
まぁ、まだまだ研究中な分野でもあるし、はっきりは分かってないな。
へぇぇー・・・
うん、意味不明。
分解と再構築ってなに?どうすんの??
あ、じゃあ呪文は?
こうアークって聞くと、なんかこう、ブツブツ唱えてるイメージあるんだけど・・・
詠唱っていうのは、ようは陣を組み立てるのを補助する、というか・・・
頭で考えるだけより、言葉にした方がイメージが浮かびやすいだろ?
そのために唱えるんだ。
え、それじゃあ、つまり別に詠唱はしなくてもいいってことですか?
理論上はな。
ようは陣を構築さえできればいいわけだから、
地方によってとか、本によって詠唱が違ったりするのはそういうワケ。
そういえば・・・あの歩く危険人物野郎はそうね。
一応、無詠唱は高等技術のはずなんだけどな・・・。
構築式の形成速度も異常なまでに速いし、そのくせあの威力。
まぁ、究極なまでに実戦向けってだけなんだろうが。
はぁー・・・そんな高等技術?までできるのって、
ほんとイーグさんって何者なんですかね・・・
喧嘩っ早いってだけじゃない? いいよ無理に感心しなくて。減る。何かが確実に減る。
へ、減るんですか?(何が・・・?)
・・・(ボソッと)まぁ、喧嘩っ早さに関して、
イーグもアンリにだけは言われなくないだろうけどな・・・。
なによ、アリエル。
なんか言った?
いや別に? それより、かなり大雑把になったがアークについてはこんなとこなんだが・・・。
あ、はい。 ・・・あ、でも一つだけ質問です!!
あの、前に日用品にもアークの技術が組み込まれてるって聞いて・・・ ほら、魔物避けとか。
構築式とか呪文とか一切理解してないオレとかでも、
あーゆうのなんか普通に使ってますけど・・・あれって何で使えちゃうんですか?
あーそれはだな・・・プラーナの性質を応用して【ラティナラージ】ってのを・・・
はい!またなんか単語が出てきたとこ悪いんですが、
記念すべき第1回も終わりの時間が近づいてきましたー
というか、スクロールバーの短さ的にもういっぱいいっぱいなので強制終了です。
続きは次回!
らてぃな・・・らーじ?について聞いていきたいと思います!
言えてないぞ。
うっさい! 言いづらいのよっ!!
まぁまぁ・・・えーではこの辺で!
あ、『タイトルコールで締めてください』って書いてありますね。
おもいっきり手書きで、しかもめちゃくちゃ赤文字で。
は?なんだそれ――っていうか、あきらかにアンリだろっ! これ!!
台本なら仕方ないよねーさんっはい!
『おしえてー』
『アーリエルせんせー!』
やめろーーっ! 地味に恥ずかしい!!
次回をお楽しみにっ☆


2011.05.20 ... 花酉